京都カフェ巡り

自身が巡った京都のカフェを紹介します。

生きている珈琲

京都でも緊急事態宣言が出たこともあり、最近はもっぱら購入したコーヒー豆でおうちカフェを楽しんでおります。

 

そんな状況ですので、今回は良質なコーヒー豆の販売もされている、おすすめのカフェをご紹介します。

 

紹介するお店は、その名も「生きている珈琲」です。四条麩屋町を西へ行ったところ、四条通に面するビルの地下一階で営業されています。地下鉄四条駅・阪急烏丸駅から徒歩5分、または阪急河原町駅からも徒歩5分です。

 

f:id:neko562:20210124013613j:plain

 

生きている珈琲というお店の名前、なかなかインパクトがありますね。こちらの看板が目印です。

 

f:id:neko562:20210124013845j:plain

 

こちらのお店では、熱風低温焙煎機という、コーヒー豆の細胞を壊さない、豆に優しい世界初の焙煎機焙煎機を使って、豆の焙煎をされているそうです。だからコーヒー豆が「生きている」んですね。

 

こちらのお店はカフェとしても営業されており、落ち着いた雰囲気の店内で様々な種類のコーヒーを頂くことができます。また、スイーツも提供されています。

 

こちらがメニューになります。

 

f:id:neko562:20210124021224j:plain


フォンダンショコラや生珈琲ゼリーも美味しそうで、カフェ利用をしたいところでしたが、今回はぐっと堪えて豆の購入のみです。お店の入り口にも、豆の購入のみでもお気軽にどうぞと書かれておりました。

 

店内に入ると、ずらっとコーヒー豆が陳列されています。

 

f:id:neko562:20210124021708j:plain

 

私の好みは深煎でボディの厚いコーヒーですので、それを店員の方にお伝えすると、深マンデリン(650円税込/100g)という豆を薦めて頂きました。こちらのお店でもっともコクの強いコーヒー豆だそうです。

 

今回は店員さんのお薦めに従って、そちらを購入して帰りました。

 

購入したコーヒー豆は、こちらのアルミ製の密閉袋に詰めていただけます。

 

f:id:neko562:20210124022128j:plain

 

ジッパーも付いていて、保管に便利そうですね。

 

袋を空けた瞬間、素晴らしい焙煎香が広がります。

 

f:id:neko562:20210124022253j:plain

 

こってりとした照りが素晴らしいですね。

 

早速、ハンドドリップで入れて頂きました。

 

f:id:neko562:20210124022610j:plain

 

香ばしいアロマが素晴らしいです。

 

口に含んだ瞬間、まずはガツンと香ばしさと苦味が口いっぱいに広がります。

 

その後、深いコクを感じ、まったりとした味わいに変わっていきます。

 

最後は、香ばしい苦味と、ほんのりとした甘みを感じ、ふくよかな余韻を楽しめます。

 

私の好みにぴったりというのを差し引いても、この豆、かなり美味しいです。さすがはコーヒー豆が生きているというだけありますね。

 

私の稚拙なハンドドリップ技術でもこれだけ美味しいのですから、お店でプロに入れてもらえたら、さらに美味しく頂けるのかもしれませんね。

 

コロナ禍が明けたら、ぜひお店でも頂きたいところです。

 

ちなみに、コーヒー豆が生きているなと感じたエピソードが他にもあります。

 

自宅ではコーヒー豆を蓋つきの瓶で保管しているのですが、こちらの豆を保管している間に二回ほど、いつの間にか蓋が勝手に開いていることがありました。

 

焙煎したてのコーヒー豆は、酸素を取り入れて炭酸ガスを放出すると言いますが、こちらのお店の豆は生きているから、その呼吸が普通の豆より盛んに行われているのでしょう。それで蓋が勝手に開いていたのかもしれません。

 

そんな「生きている」コーヒーを、皆さんもぜひ一度堪能してみてください。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ(Stumptown Coffee Roasters)

あけましておめでとうございます。

 

コロナの状況がなかなか改善せず、あいにく不安な年明けとりなりましたね。

 

そのような状況を考慮して、私もカフェ巡りを自粛しているのですが、昨年末に利用したテイクアウト利用できるカフェを、今回はご紹介します。

 

ご紹介するのは2020年6月にオープンしたスタンプタウン・コーヒー・ロースターズ(Stumptown Coffee Roasters)です。

 

烏丸姉小路に、リニューアルした新風館と隣接する形でエースホテル京都が開業しましたが、その1階ロビーに店舗を構えています。地下鉄・烏丸御池駅6番出入口から徒歩1分です。

 

f:id:neko562:20210103171230j:plain

 

こちらのスタンプタウン・コーヒー・ロースターズは、全米で店舗を展開する人気のカフェであり、米国以外の海外初出店として、こちらの京都店を開店されました。

 

スタンプタウン・コーヒー・ロースターズは、コーヒー業界のサードウェーブの代表格と評されています。

 

サードウェーブとは、コーヒーの流行における第3の波です。それまでにコーヒーの流行が2回あって、第1の波がインスタントコーヒーによる一般家庭への流行、第2の波がスタバを代表とするシアトル系コーヒーによるコーヒーの風味を重視した流行です。

 

それに対し、サードウェーブは、コーヒーをワインのような品質の優れた嗜好品として捉え直し、高品質なコーヒー豆を使って、コーヒー本来の価値を重視して味わう流行です。サードウェーブコーヒーの特徴としては、シングルオリジンや中〜浅煎りなどが挙げられます。

ja.wikipedia.org

 

スタンプタウン・コーヒー・ロースターズで取り扱うコーヒーも、世界中から集められた高品質なコーヒー豆から作られた、中煎りのシングルオリジンコーヒーが主体になります。

 

こちらがドリンクメニューです。

 

f:id:neko562:20210103173641j:plain

 

スタバなどのチェーン系カフェに比べると、少し高い価格設定にはなっていますが、その分、コーヒーの品質にこだわりがあるようです。

 

せっかくなので、今回は普通のコーヒーでなく、少しお高いハンドドリップコーヒー(税別550円)を頂きました。

 

コーヒーに使う豆ですが、力強い味わいのインドネシア産、爽やかなエチオピア産、カフェインが除去されたデカフェの3種類の中から選ぶことができます(値段はいずれも同じ)。今回はインドネシア産を選びました。

 

また、相方の分としてアイスコーヒーも注文しましたが、アイスは普通の(ハンドドリップでない)コーヒーか、ハンドドリップのデカフェのいずれかから選べます。今回は普通のコーヒーをアイスにしてもらいました(税別400円)。

 

こちらのカフェは、スイーツも扱っていらっしゃるので、柚子&レモンドーナツ(税別380円)も一緒に注文しました。

 

以上3点をテイクアウトして頂きました。

 

まず、ハンドドリップコーヒー(インドネシア産)です。

 

f:id:neko562:20210103174945j:plain

 

適度な香ばしさと苦味がありますが、酸味が強くフルーティーです。後味はまったりとしていて、そこまで強く風味が残らない感じです。

 

インドネシア産なので、もう少しボディの厚さを期待していたのですが、浅煎りに近い中煎りなので、フルーティーさが先行します。なるほど、サードウェーブコーヒーというのは、こういうジャンルのコーヒーなのですね。

 

続いて、アイスコーヒーです。

 

f:id:neko562:20210103175454j:plain

 

こちらもフルーティーな中浅煎りコーヒーがベースになっているため、酸味が際立ちます。アイスコーヒーといえば、深煎りというイメージがあるので、飲み慣れない味に戸惑いました。

 

もっと浅煎りコーヒーに親しんでいれば、良さを堪能できたのかもしれません。

 

最後に、柚子&レモンドーナツです。

 

f:id:neko562:20210103175839j:plain

 

しっかりとした酸味があり、爽やかな味わいです。果肉が入っていて、食感も良いです。

 

面白かったのが、こちらのドーナツを食べた後にコーヒーを飲むと、コーヒーの酸味がマイルドになって美味しく感じます。

 

フルーティーなコーヒーに合うように作られているのですね。

 

今回頂いたフルーティーなコーヒーは、正直なところ私の好みとは離れていましたが、サードウェーブコーヒーの代表格と評されるコーヒーを頂けて、良い経験になりました。

 

こちらのお店はテイクアウトを気軽にできるところが、このコロナ禍のご時世にぴったりなので、日本初出店を果たしたスタンプタウン・コーヒー・ロースターズへ、皆さまも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

びーんず亭

コロナの第3波の影響で、京都でも感染者数が増えてきております。そのため、残念ながらカフェ巡りも自粛しております。

 

そんなときは仕方ないので、美味しいコーヒー豆を買ってきて、お家カフェを満喫しましょう。

 

今回はそんな要望を満たしてくれる、お手軽なお値段で美味しいコーヒー豆を販売されている「びーんず亭」をご紹介します。

 

お店の場所は高倉錦小路を下がったところ、阪急烏丸駅・地下鉄四条駅から3分程度です。

 

f:id:neko562:20201219173102j:plain

 

販売カウンターだけの、こじんまりとした店舗で経営されています。

 

こちらのマスコットキャラが目印です。

 

f:id:neko562:20201219173434j:plain

 

このマスコット、通天閣ビリケンさんのようにも見えますが、こちらのお店のマスターがモデルになっていて、聞いた話では本人にそっくりだそうです。でも残念ながら、この日はマスターがお店にいらっしゃらず確認できませんでした。。。

 

こちらのお店は、様々な種類の自家焙煎コーヒー豆を販売されています。それだけでなく、持ち帰り用にその場でコーヒーを淹れてくださるので、テイクアウト専門カフェとしても利用できます。

 

こちらがコーヒー豆のメニューです。

 

f:id:neko562:20201219175015j:plain

f:id:neko562:20201219175029j:plain

 

深煎から中浅煎まで、様々なブレンド豆とストレート豆を扱っていらっしゃいます。

 

価格が良心的なところが良いですね。

 

私のコーヒーの好みは、香ばしさとコクがしっかりとした深煎豆なのですが、今回は初めての利用ということもあり、店員さんに好みをお伝えしてオススメを教えていただきました。

 

私の好みにぴったりなのは、人気No.1でもある「スペシャブレンド」(税込540円/100g)とのことでした。そちらを200g頂こうかと思いましたが、せっかくなのでさらに深煎の「フルロースト」(税込500円/100g)も試してみてはということで、スペシャブレンド100gとフルロースト100gを購入しました。

 

f:id:neko562:20201219175926j:plain

 

袋にもマスコットキャラが登場してますね。

 

自宅に戻って、早速、ペーパードリップで淹れたコーヒーを頂きました。

 

f:id:neko562:20201219180107j:plain

 

まずはスペシャブレンドですが、香ばしさと苦味が効いていて私好みの深煎です。コクもしっかりで、苦味の余韻があるのですが、後味にはまろやかさもあり、とても美味しいコーヒーです。人気No.1というのもうなずけます。

 

普段ブラックをあまり飲まない相方も、こちらのコーヒーは美味しいと、ブラックで飲み干していました。

 

続いてフルローストですが、スペシャブレンドよりさらに香ばしさと苦味が際立っています。でも後味はスペシャブレンドより主張しないかなと思いました。とにかく香ばしさと苦味が欲しい方に向いているかもしれません。

 

やはりこういった美味しいコーヒー豆を、比較的お気軽なお値段で頂けるのが素晴らしですね。

 

皆さん、コロナ禍で外出を自粛しないといけない状況が続いていますが、びーんず亭の美味しいコーヒー豆で、お家にいながら優雅なカフェタイムを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

REIMS JAPONE(ランス ジャポネ)

今回紹介するREIMS JAPONE(ランス ジャポネ)はカフェ、レストラン、居酒屋として、様々なシチュエーションで使える、とても使い勝手の良いお店です。

 

以前、同じ場所にカフェ・ランスというお店があり、 そのお店を引き継ぐ形で今年の8月に新装開店されました。

 

場所は御幸町六角を上ったところ、阪急・京都河原町駅から徒歩7分ほどのところです。

 

f:id:neko562:20201213142851j:plain

 

テラス席もあって開放的な雰囲気のお店です。

 

入り口付近には大きなクリスマスツリーが飾られていました。

 

f:id:neko562:20201213143229j:plain

 

お店の奥にはたくさんテーブル席があります。

 

店の内装はにぎやかな西洋風で、あえて言うならばアメリカのカフェの雰囲気に近いかなと思いました。

 

f:id:neko562:20201213143328j:plain

 

今回はランチでの利用をしました。こちらがランチメニューになります。

 

f:id:neko562:20201213143908j:plain

 

また、表の看板には、和風のお弁当や、週替りランチメニューも紹介されていました。

 

f:id:neko562:20201213145239j:plain

f:id:neko562:20201213145325j:plain

 

 

「50年伝統の味」というキャッチコピーに惹かれ、私は「厚切りポークジンジャーステーキランチ」のBセット(1150円)を頼みました。相方は、隣のテーブルで食べているのが美味しそうだったという理由で、「本日のお魚定食と大きなエビフライランチ」のBセット(1250円)を頼みました。

 

Bセットというのは、ご飯・赤だし、またはパン・スープに加え、ドリンクが付いてくるセットです。Aセットはドリンク無しで、CセットはBセットに加え本日のタルトがついてきます。

 

一つ注意点として、こちらのお店はフードもドリンクもすべて、お店の入口付近のカウンターで注文して、前払いする形式になっています。最初それが分からなかったので、店員さんを呼んでしまいました…

 

まず、すべてのランチセットには、こちらの「カプレーゼなコルスローサラダ」がついてきます。

 

f:id:neko562:20201213150117j:plain

 

酸味が効いていて美味しいです。

 

こちらがポークジンジャーステーキです。

 

f:id:neko562:20201213150343j:plain

 

ご飯はかまどで炊いていらっしゃるそうで、ふっくらしていて甘みがありとても美味しいです。ご飯にもこだわっているのが良いですね。

 

f:id:neko562:20201213150520j:plain

 

ポークジンジャーステーキはお肉が柔らかくて美味しいです。味付けもあっさりめでお上品な感じです。パクパク食べられます。

 

サイドの野菜と卵焼きも丁寧につくられており、一つ一つ美味しくいただけます。

 

相方の本日のお魚定食と大きなエビフライはこちらになります。

 

f:id:neko562:20201213150803j:plain

 

お魚は白身魚のフライなのですが、ベースが西京焼きになっていて面白いです。

 

エビフライもエビが開かれており、サクサクとした食感がとても良いです。

 

相方はセットとしてパンとスープを頼みましたが、パンにはガーリックオイルが塗られており、香ばしくて美味しいです。

 

食後に私はホットコーヒーを頂きました。

 

f:id:neko562:20201213151238j:plain

 

店内でいただくときも容器がテイクアウト用になっていますが、香ばしさと苦味のしっかりした深煎で、適度に酸味の効いた美味しいコーヒーでした。

 

相方は、プラス200円でドリンクをスムージーにしました。

 

f:id:neko562:20201213151525j:plain

 

ズッパ・インクレーゼというイタリアのドルチェらしいです。いちご味のソースがたっぷりかかった美味しいドルチェで、ドリンクというよりスイーツです。

 

これ一つだけでお腹いっぱいになりそうです。これが200円追加しただけで頂けるのはお得ですね。

 

また、こちらのお店は、お昼からお酒も提供されています。別のテーブルでは、ランチと合わせてビールやワインを堪能されている方もいらっしゃいました。

 

今度はお酒での利用もしたいなあと思いたくなるお店でした。

 

ちなみに、終日頂けるアラカルトメニューも少しだけご紹介しておきますね。

 

f:id:neko562:20201213153004j:plain

 

和食と洋食の良いとこどりをしたようなラインナップですね。

 

カフェ・レストラン・居酒屋と何でも対応できるREIMS JAPONE。とても使い勝手の良さそうなお店でした。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

node(ノード)

最近紹介した、高木珈琲店喫茶チロルはレトロな雰囲気が素敵なカフェでした。

 

一方で、モダンで前衛的な雰囲気が素敵なカフェも数多く存在します。

 

今回紹介するnode(ノード)は、まさにそのようなカフェの中でも、特筆お洒落な雰囲気を持ったカフェです。

 

場所は四条西洞院を上ったところ、阪急烏丸駅から徒歩6分です。

 

Hotel nodeという、アートコレクターの住まいをコンセプトにしたお洒落なホテルの1階にあり、ホテルのカフェラウンジを兼ねています。

 

f:id:neko562:20201207235133j:plain

 

カフェ利用だけでなく、お昼には美味しいランチが頂けますし、深夜までバーとしても利用できます。

 

こちらがランチメニューです。

 

f:id:neko562:20201207235605j:plain

 

こちらがカフェとバーのメニューです。

 

f:id:neko562:20201207235636j:plain

 

18時まではハッピーアワーで、お酒もお安く頂けます。

 

f:id:neko562:20201207235652j:plain

 

入ったところはホテルのレセプションですが、奥の方に飲食スペースが広がっています。

 

f:id:neko562:20201207235915j:plain

 

シックな内装に、モダンなアートが飾られており、奥は素敵なバースペースとなっていて、めちゃくちゃお洒落です。

 

BGMとして前衛的な音楽が流れていて、京都の街中から店内に入った途端、いきなりお洒落空間へと変貌します。

 

11時〜15時まではランチタイムで、以下のようなランチメニューを提供されています。

 

f:id:neko562:20201208000147j:plain

 

種類は少ないですが、どれも美味しそうですね。

 

今回は、私がビーフハンバーグステーキのセット(1200円)を、相方がとろとろチーズのハンバーググラタンのセット(1400円)を注文しました。

 

カトラリーもお洒落です。

 

f:id:neko562:20201208000532j:plain

 

まずは、サラダとスープが運ばれてきます。

 

f:id:neko562:20201208000426j:plain

 

かぼちゃのスープが甘くて美味しいです。

 

続いてご飯です。十六穀米とパンが選べますが、今回は十六穀米を選択しました。

 

f:id:neko562:20201208000711j:plain

 

こちらがメインのビーフハンバーグステーキ 5種の醤添えです。

 

f:id:neko562:20201208000937j:plain

 

5種の醤の詳細は忘れてしまいしたが、確か12時の位置から時計回りに、自家製マヨネーズ、山椒のソース、キノコベースのソース、トマトチリソース、ベリー系のソースだったと思います。

 

ミンチが粗挽きで食感がとても良いです。しっかりお肉を食べている感じがする美味しいハンバーグです。

 

5種のソースと合わせると、色々な味が楽しめます。

 

続いて、こちらが相方のメインのとろとろチーズのハンバーググラタンです。

 

f:id:neko562:20201208001417j:plain

 

テーブルで店員さんが大量のチーズをかけてくれます。

 

大量のチーズがかかっている割に味はくどくなく、パクパクと頂ける一品です。

 

ランチセットにホットコーヒーをつけてもらいました(+300円)。

 

f:id:neko562:20201208001621j:plain

 

こちらのコーヒーは苦味がしっかりしていて、スパイシーな風味のある主張の強いお味です。

 

コーヒーはアイスとして頂くこともできます。

 

f:id:neko562:20201208001802j:plain

 

さらに、相方はデザートとして、レモンチーズケーキ(500円)も頂きました。

 

f:id:neko562:20201208001910j:plain

 

もっちりとした食感があり、チーズの風味というよりもレモンの風味が際立つ、爽やかなお味の美味しいケーキでした。

 

今回ご紹介したnodeは、ニューヨークやパリの街中にありそうな、ものすごくお洒落な雰囲気を持ったカフェでした。

 

それだけでなく、フードやスイーツ、ドリンクも美味しく、さらに店員さんの接客も良くて、とても居心地の良いお店でした。

 

相方はお店の雰囲気をすごく気に入ったようで、今度女子会に使うと意気込んでいました(笑)

 

こちらのお店はまだ出来て1年ちょっとしか経っていないようで、まだ穴場のお店だと言えます。皆さん、このお洒落な雰囲気をゆったり味わうのは、今がチャンスですよ。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

高木珈琲店 高辻本店

少し前に喫茶チロルを紹介してから、レトロな喫茶店がマイブームになっています。

 

今回紹介する高木珈琲店 高辻本店も、レトロな雰囲気が素晴らしい、創業44年を誇る老舗喫茶店です。

 

烏丸高辻を西へ行ったところ、地下鉄四条駅から徒歩4分の場所にあります。

 

f:id:neko562:20201202225317j:plain

 

店の道路側はガラス張りになっているので、中の様子がよく見えます。

 

3名ほど先客がいて、いずれもお一人でくつろいでいます。こういう一人でくつろげるカフェは間違いなく居心地の良いお店です。

 

お店に入ると男性店員さん2名が寡黙に対応してくださいます。硬派なイメージです。

 

店内は結構広くて、4人がけのテーブル席が複数と、カウンター席っぽく使えそうな大きなテーブル席が1つあります。

 

f:id:neko562:20201202225717j:plain

 

写真に写り込んだ灰皿を見て気づかれたかもしれませんが、こちらのお店は全席喫煙可能です。ですので、タバコの煙が苦手な方はご注意ください。

 

この時代に珍しいですよね。この点でも、レトロなお店だといえます。

 

こちらのお店は、昔ながらの喫茶店に置いていそうな、定番のフードが美味しいことで有名です。

 

f:id:neko562:20201202230638j:plain

 

サンドイッチにカレーにオムライス、いずれもクラシックな見た目で良いですね。

 

これらに加えて、モーニングセットやスイーツも扱っていらっしゃいます。

 

f:id:neko562:20201202230943j:plain

 

今回は夕方近くに訪れたので、こちらのお店の定番スイーツとして有名な自家製プリンのセット(880円)を頂きました。

 

f:id:neko562:20201202231241j:plain

 

まるでケーキのような珍しい形のプリンですね。

 

しっかりとした食感で自家製感のある、伝統的な味の美味しいプリンです。

 

甘さは控えめの優しいお味で、香ばしいカラメルソースの風味が際立ちます。添えられた生クリームとも良く合います。

 

f:id:neko562:20201202231922j:plain

 

セットで頼んだブレンドコーヒーは深煎で、コクと香ばしさがしっかりしています。しかし、後味はスッキリとしていて洗練されたお味です。

 

そして、このコーヒーとプリンが良く合います。なるほど、コーヒーとの相性を考えて作られたプリンということですね。

 

ちなみに、プリンはテイクアウトも可能です(1ピース450円)。

 

店員さんは、お客さんに必要以上の干渉をしないスタイルで、ゆったりと美味しいプリンとコーヒーを頂きました。

 

なるほど、やはり居心地が良いお店でした。特に、喫煙者の方には、風当たりの強い現代社会でオアシスのようなお店なのかもしれませんね。

 

皆さんも、レトロな雰囲気の高木珈琲店 高辻本店で、ゆったりとフード、スイーツ、コーヒーを堪能されてみてはいかがでしょうか。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

Flip up!(フリップアップ)

烏丸御池近辺には人気の高いベーカリーがたくさん存在します。

 

その中でも高い人気を誇るお店が以前にご紹介したル・プチメック御池店、通称「黒メック」です。

kyocafe.hateblo.jp

 

同地域で、その黒メックと人気を二分すると言っても良いのが、今回ご紹介するFlip up!(フリップアップ)です。

 

室町通押小路通の交差点を東へ行ったところにある小さなベーカリーです。地下鉄・烏丸御池駅から徒歩4分ほどの場所です。

 

f:id:neko562:20201130233924j:plain

 

こちらのお店は時分時に行くと必ずと言って良いほど行列ができています。この日も例に漏れず数名の列ができていました。

 

店舗スペースが狭いため、混雑時はお店に入ったら一方向にぐるりと流れながら商品をピックアップする形になります。

 

店内では美味しそうなパンがずらりと陳列されているのですが、この日は混雑しすぎていたので、残念ながら店舗内で写真を撮る余裕がありませんでした…(汗)

 

こちらのお店の一押しパンは、何と言ってもベーグルです。

 

ベーグルというと固くて重たい食感のものを想像するかもしれませんが、こちらのお店のベーグルはモチモチでしっとり柔らかな食感を持っています。

 

しかも、様々な具材を練り込んで作られており、味のバリエーションも豊富です。

 

今回5点のパンを購入しましたが、まずはベーグルからご紹介します。

 

こちらは白いちじくのベーグル(180円)です。いちじくのプツプツした食感が、モチモチの生地に良く合います。

 

f:id:neko562:20201130234831j:plain

 

こちらはブルーベリーのベーグル(160円)です。ブルベリーの酸味が爽やかです。

 

f:id:neko562:20201201000550j:plain

 

こちらはハムとレタスとステッペンチーズが入ったベーグルサンド(200円)です。生地に練り込まれたのはバジルでしょうか。濃厚なチーズと良く合います。

 

f:id:neko562:20201201000824j:plain

 

こちらのお店はベーグルだけでなく、他のパンのレベルも高いです。

 

こちらはふんわり明太子(120円)です。柔らかめのフランスパンをベースとして、贅沢に明太子が使われており、濃厚で美味しいです。

 

f:id:neko562:20201201001039j:plain

 

最後に、こちらはベーコン・タマゴ・チーズのパニーニ(180円)です。サクサク、モチモチした生地が良い感じです。

 

f:id:neko562:20201201001411j:plain

 

ここまでの紹介で気づかれた方もおられるかもしれませんが、Flip up!の良いところはリーズナブルな価格でパンを提供されているところです。

 

気軽なお値段で美味しいパンが食べられるところも、Flip up!の人気の要因なんでしょうね。

 

モチモチのベーグルをはじめとする、高コスパのFlip up!の美味しいパンの数々を、皆様もどうぞご賞味ください。

 

tabelog.com

 

この記事を気に入っていただいた場合は、こちらのバナーをクリックして応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村